旧いABUのメンテナンス

旧いABU社製リールのメンテナンスのために

私たちはどんな道具であれ全ての道具は使用後のメンテナンスが重要だと考えています。

 私達がいまだに使い続けている旧い ABU のリールは、比較的新しいものでも2018年現在、生産から既に40年近く経過しています。使用後或いは保管においても、維持管理はとりわけ大事な作業です。
 メンテナンスといっても、簡単なことから、完全分解まで、様々な段階が考えられます。(詳細は、少しづつ項目を増やす等してお伝えしたいと考えていましたが・・・・・)
 いづれにしても「分解」には図面(部品図・パーツリストと言われるもの)が必要です。これまでも「分解はしたけれど、組み立てが出来なくなった。」或いは「組み立て完了のはずなのに、部品が残ってしまった。」と言われ、拝見させて頂いたリールは数知れません。この中には、お手元に部品図があってもこのようになってしまった方さえいらっしゃいましたので、部品図があれば全てよしとは言えないようですが、やはり部品図は分解・組立作業には必需品だと思います。
 そこで、ABUMAN.COM では私たちの手持ちの部品図を公開しています。しかし、多数あるためにすぐには処理しきれませんので、全部掲載完了するまでは今しばらく時間がかかると思います。
 もし、まだ「組立図面掲示場」内に掲載のないリール等の部品図をお探しの場合は「問い合わせ」からお問い合わせ下さい。私達の手元には、概ね1985年くらいまでに製造された以下のモデルの部品図が存在しますので、ご参考まで。
  • ABU : 333, 444A, 501, 503, 505, 506, 506M, 507, 508, 520, 2100, 3000
  • ABU-Matic : 40, 60, 70, 80, 110, 120, 140, 141, 145, 150, 160, 170, 220, 270, 280, 290, 320, 330, 350, 440
  • アンバサダー : 12, 20, 30, 1750A, 2500C, 4500C, 4500CB, 4600AL, 4600CB, 4600CB, 5000, 5000AL, 5000B, 5000C, 5000CDL, 5000D, 5000DL, 5001C, 5500, 5500C, 5500CA, 5500D, 5500DA, 5600A, 5600AL, 5600C, 5600CA, 5600CDL, 6000, 6000C, 6500, 6500A, 6500C, 6500CA, 6600C, 7000, 7000C, 8000C, 8500, 9000, 9000C, 10000C
  • カーディナル : 3, 4, 4X, 6, 6X, 7, 7X, 33, 40, 40A, 44, 44eXpress, 44X, 60, 60A, 66, 66X, 70, 70A, 77, 77X, 354, 355, 52, 54, 55, 57, 140, 152, 154, 155, 157, 160
  • フライリール : RECORD Standard, DELTA3, DELTA5, Diplomat156, Diplomat178
  • レコード : 700 etc

 これ以外にも若干はあるようですが、概ね上記のとおりです。なお、中には複数の年度のものが存在する場合も多数ありますので、特にご希望があれば併せてお知らせ下さい。

 

部品をお探しの方へ

 1997年10月、私達のこのHPは 「ABU-Matic」を見直して欲しい・もっと評価して欲しい・良い道具だから という思いからスタートしました。
 私達は永くアブマチックを使い続けたいと思っていましたので、HP活動を始める以前(1980年頃)より補修用部品を個人的に集めていました。当時の輸入販売元さんでは既に部品がなく 修理不能 となるものが出始めていたのがきっかけでした。インターネットなどない時代ではありましたが良い縁に恵まれ必要としている部品が徐々に揃うようになったんです。長くお世話になっていた代理店さんのご主人からの依頼で 交換部品がなく修理不能で戻ってきたリール を修理したこともありました。
 しかし、このHP(以前のURL時代も含めて)を始めて以来、部品の必要とする皆さんからのお問合せにお応えしてきた結果、現在ではボディ等の大物部品は非常に数が少なくなってしまい、消耗品となる部分の部品についてもご希望が多かったために手持ちが少なくなってしまいました。そもそもが私達が自身のリールを維持するために部品を購入してきたわけですので、私たちが道具を使う限りそのメンテナンスに必要なものは手元に残さなくてはなりません。
 現在ではお分けできる部品が少なくなってきてしまいましたので、お問い合わせ戴きましてもお応えできない場合が多々あるものとご理解下さい。それでも、どうしてもとおっしゃる方は、「問い合わせ」から問い合わせてみてください。可能な限り対応させて頂きたいと思っています。