問い合わせ・・・回答 その2

古い釣り道具のメンテナンスについて

メンテナンス担当者があまり気が進まないということでしたので、前回はあえて記載しなかったのですが、その後もご質問を頂戴しましたため少しだけ書いてみます。

頂いたご質問は主に どんなオイル・グリスを使用しているのか? でした。この点についてはこれまでも非常に多くの問い合わせを頂きました。
当然ですが、かつて使用していたオイル・グリスと、現在、使用しているものとは異なります。
私達の使用する釣り道具(リール)は古いものばかりですし、おまけに種類も少なく、それ以外のリールに使用して問題が生じないのかどうか? は一切検証などしていませんので全く分かりません。そういった事情もあって、メンテナンス担当者としては具体的な商品名は挙げたくないとのことですので、以下には現在まで使用しているオイル・グリスを選定した際の考え方のみ記します。

 1 同じメーカーの製品であること
 2 メーカーが製品内容を表示していること
 3 樹脂を傷めることのないものであること
 4 無理せずに入手可能なこと

まぁ しごく当たり前のことばかりでした。
その上で、最終的には現物を確認してから決めたそうです。その際には、それまで使用していたものとの比較をしたのだろうとは思います。
以前、樹脂部品が変形したとのことで交換部品の問い合わせを頂いたことがあります。ケミカル製品の問題なのかどうかははっきりしませんでしたが、中には樹脂部品に影響するオイル等もあるようなので上記3くらいは気に留めておく必要はあるのかもしれません。
なお、私達の場合はオイル・グリスによる性能アップのようなものは全く求めていません。比較的、分解メンテナンス頻度が高いのではないか? ということもあって、特殊なオイル・グリスを使用してはいません。

現在、使用しているオイル・グリスは海外メーカー製のもので、「釣り具用に」とされているわけではありませんが、樹脂・プラスティックなどに使用しても問題ないと明記されているものだそうです。

このようなオイル・グリスでも、私達の使う古いリールでは問題は生じていませんが、最新の釣り道具には合わないもの・基準かも知れません。ご注意下さい。
一応、書いてはみましたが、まずはお使いの釣り道具に合うオイル・グリスを当該釣り具メーカーさんに照会されるのが一番確かかと思います。

ABUMAN’s WEB

,,,