問い合わせ・・・回答 その3

今でも 旧道具 を使っているのか?

2017年9月に現在の新しいCMSに切り替えました。

現在ここに掲載している記事(私達のコンテンツ内)はその時に旧CMSにあった記事を転記したものです。誤字・脱字などに気づいた場合は適宜これを修正等してはいます。
旧CMS内にあった記事は、1997年に私達がHP活動を始めて1~2年程度で書いた記事を転記したものでした。

以前、実際に釣りに行っていることについて掲載していた時期に、それによって私達にとって若干の不都合が生じたことがありました。そのため、それ以降は実際の釣りに関する記事は基本的に掲載しないこととしています。

現在の私達の使用する道具について簡単に。
<リール>
現在でも、ここに掲載しているリールが主です。必要があって新たに買い足す場合には 激安リール で済ますことが多いようです。
<竿>
古い手持ちの竿も使いますが、特に古いものにこだわりません。手を入れることで使用可能であるならば手入れして古いものを使いもします。一部の竿についてはブランクを多数ストックしているので、メンバーの希望によって新たに組まれることもあります。時に新しい竿を入手する者もいます。この場合、あまり高価なものは購入していないようです。
<ルアー フライ>
概ね、仲間が作ってくれるハンドメイドのものを使いますが、古いルアーも使っています。フライは各自自製します。新しいルアーは購入する必要がないので、購入する者はほとんどいないようです。中古店などで古いルアーを購入することはあるようです。
<釣り糸>
新しいものを購入します。
<針など小道具>
新しいものを購入します。

リールはメンテナンスが十分になされるので、今でも現場での故障はありません。丈夫ですし、手持ちのストックも皆十分にありますので新しいものを購入する必要がないのです。
釣りをしていると 飛距離が欲しい とか時々により様々思うところはあるかもしれませんが、それはリール以外のところでも調整可能でしょうからとりやすい方法で行います。どうしてもっていう場合は、飛距離に関して言えば人が動くという最後の手段もありますし。
私達にとっては 釣りが楽しみ です。趣味で釣りをする上で旧道具では不都合ということは全く感じません。
今となっては、道具を新たに買い揃えることよりも、少しでも多く実際に釣りに出かけたいので。

 

ABUMAN’s WEB