問い合わせ・・・回答 その4

ABU 505 の仕様変更について

ある方から部品図の記載に関してのお問い合わせを頂きました。

要約すると
『ここで掲載している ABU 505 1965 の部品図では、ハンドルの元の部分には「ロックリング」や「フェルトリング」が描かれているものの、フロントカップ先端のリングは ABU 505 1961 の部品図と同様で描かれていないように見える。これは正しいのか?』
という内容でした。

私達も全く気がついていなかったので見直してみましたところ、確かにご指摘のように見えました。しかし、フロントカップのリングは割と早くに付けられていたような感じがしていましたので調べてみました。
ただし、あくまでカタログによるものです。

1962年が初登場だったようですが、手元にはカタログがありませんでした。恐らくは1963年と同様の仕様であろうと思われます。
1963年のカタログ写真は フロントカップのリング無し ハンドル周辺のリング無し でした。
1964年及び1965年のカタログ写真では フロントカップのリングあり ハンドル周辺のリング無し でした。
1966年のカタログ写真では フロントカップのリングあり ハンドル周辺のリングあり でした。
・1967年以降は1971年まで手元にはありませんでしたが、1966年のカタログでフロントカップとハンドル周辺の改良が共になされているのが分かりましたので以後は省略させて頂きます。

ということで、頂いたご質問に対する回答は 『ABU 505 1965 の部品図のフロントカップにリングが描かれていないのは正しくない(だろう)』 ということになりそうです。
ABU 503 1966 の部品図のフロントカップのように描かれているべきだったんでしょうね。

なお、当時のカタログの制作時期・期間などは今よりも時間がかかりそうなイメージですので相応のズレはあり得ると思いますので参考までに。

ABUMAN’s WEB